空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by fumi(ふみ)  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

【55】 A病院2度目の通院(5)

いつまで休むかは医師が決めることであって
会社が決めることじゃない。


治す立場からすれば正論ですわな。
休まないと良くならない。
治したいんなら言われたとおり休め。
ただこう言っているだけ。


でも、休みたくても休めない人もいる。
会社にだって都合はある。
オレは休職できたけど、休職したくてもできない人もいる。
働きながらうつ病と対峙している人なんていっぱいいるはず。
そういう人たちにはなんて言ってるんだ?


不信感、芽生える。


ブラマヨ「大体、会社に報告する義務なんてないでしょ?」


オレ「会社から言われたんですけど」


ブラマヨ
「いや、会社に報告しなくていいですよ。報告する必要なんかない。仕事のことは考えないで下さい。」


会社に報告するな、ってそれは会社も困るだろう。
社員が病気で、その状態も把握できないなら復帰の予定も立てられない。
そうなったら困るのオレだよ。
この医者は会社について何ひとつ理解していない。
会社という組織がどういうもので、中で働いている人々、
特に上層部がどう考えているかをわかっていない。
特に中小企業がどうなってるかわかっていない。


会社は利益を求める。当然だ。
利益を出さない人間はいらない。
大企業だと人に優しい。
少なくともオレはそう思う。
産業医なんて居たり。
少なくとも病気になった社員に何がしかの対処はしてくれる。
給料くれる会社もある。


中小企業にそんな体力ないよ。
働けないなら給料払わない。働けないならいらない。
そういう場面は何回も見てきた。
うつ病になった人は見たことないけど、
(いや、実際いたかもしれない。)
今までバリバリ働いてきた人が体壊して、
あっさり捨てられたトコロは何度も見てきた。
そうしないと会社も生き残れないんだ。
会社つぶれたらすべておしまいだもん。
それもわかっている。
でも自分もそうやってあっさり切られるかと思うと怖い。
体壊したらおしまいだ。そう思って仕事してきた。
心が壊れるとは思わなかったが。


目の前に座っている白衣着たブツブツ顔。
おい、おまえ。
おまえに会社の何がわかる?
おまえに会社員の気持ちの何がわかる?



ブラマヨ「あと、聞きたいことはありますか?」


オレ「いえ、ないです」


ブラマヨ、カミさんの方を向く。


ブラマヨ「奥さん、旦那さんの様子はどうでしたか?」


カミさん、一通り説明する。
カミさんにとってはうつがひどい時のオレの死んだ目が
インパクト強かったらしい。
今でも話してると折を見て引っ張り出してくる。
「あの目はヤバかったよ」
この時もそのことを言っていた。


ブラマヨ
「うつ病は家族の理解と協力が必要なんです。
奥さんが普段から旦那さんの様子を見て、
しっかり支えてあげてください。」


まあ、一人だとどんどんダークサイド行っちゃうだろな。
行き着くところはひとつ。
あとは死ぬだけだ。
だれかそばにいるだけで心強い。
支えてほしい。
うつに立ち向かうには家族の力は必要であろう。
それはオレもそう思う。
医師から家族への助言としては間違ってはいない。


でもカミさん、妊娠6ヶ月なんだよ。
3歳の小うるさい子供もいる。
その中でダンナがうつになって、それはもう大変だ。
家事して、メシ作って、子供の相手して、オレの心配。
実家は遠い。頼れる知り合いも近くにはいない。
オレが倒れてしまうとカミさん一人に負担が行く。
オレが休職して経済的にも不安だ。
肉体的にもつらいし心労も相当だと思う。
それがまた申し訳なくて自分責めてた。


ブラマヨが言った言葉で、さらに自分を責めた。
ああ、すまないな。また余計な負担かけるな。


この時の本音として、家族に対して少しくらい
いたわりの言葉をかけてほしかった。
「大変でしょうけど頑張って」ぐらいの。


切なくなる。
胸をわしづかみにされる。
ぎゅーー。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ←続きが気になる方、クリックお願いします
←こちらもポチッと
スポンサーサイト
by fumi(ふみ)  at 05:30 |  [4]荒野のウツージン |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

ふかふかさん、コメントありがとです( ´∀`)

そうですか、泣けましたか。
自分で書いた文章読んでもらって、
「笑えた」と言ってくれた人はいましたが、
「泣けた」と言われたのは初めてです。
何かご自身に思い当たることがあったのでしょか。
なにはともあれ、共感してもらえて嬉しいことです。

また来てくださいね。
なにか感じたことがあればまたコメしてください( ´∀`)
by fumi 2007/08/21 11:26  URL [ 編集 ]

No title

ああ、切ないです。読んでて、ぽとっと涙が落ちました。
by ふかふか 2007/08/20 11:17  URL [ 編集 ]

No title

wakuraさん、おはようございます。

切ないと気持ちが絞りこまれる感じになりますよね。
色々な感情がぽろぽろこぼれて。

コメントありがとです( ´∀`)
どんなコメントでもいいんです。
あなたの気持ちは伝わりましたよ。
嬉しいですヽ(´▽`)/ また来てねー。


by fumi 2007/08/20 05:46  URL [ 編集 ]

No title

どう、コメントしたらいいのかわからなかったんですけど、どうしてもコメントというか、この記事を読みましたって意思を伝えたくてコメントしました。
最後の文章にこっちもぎゅっとつかまれました。切なくなりました。
by wakura 2007/08/19 18:06  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

fumi(ふみ)

Author:fumi(ふみ)
32歳元サラリーマン。
北海道札幌市在住。
うつ病で2007年4月退職し現在無職。
うつ継続中。
アルバイトで社会復帰リハビリ中。

このブログは過去の話と現在の話を思いつくままUPしています。初めての方はカテゴリー順に読んでいただくとわかりやすいと思います。過去話は記事タイトルに【】で番号をつけてますので目安にして下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ご意見ご感想下さい(´∀`)

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
RSSフィード
ブログランキング
ランキングに参加しています。 1日1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。